AZLIFE

PRODUCER

PERSONARITY × CREATIVE

課題を深掘りし、解決も含めた能動的なご提案を。

プロデュース部門は、お客様の悩みをクリエイティブで解決するために、お客様と寄り添い、スタッフと寄り添い、適切なクリエイティブをお届けするための俯瞰的なマネジメントを心がけています。満足していただくまでが我々アズライフのプロデューサーの仕事。個性を生かしたエッセンスと想いを込めて“プロとして、こだわりを持った仕事”を常に目指しているそんな者の集まりです。

小林大樹[PD]×PRODUCE

仕事をこなすからこそ報酬と経験値が得られる。

大規模・小規模プロジェクトどちらも同じ仕事。時間と予算がなければ培った経験値で最適な提案を。アズライフでは制作現場からプロディース業へ。見た目と違ってフットワークの軽さが自慢です。企画、デザイン、撮影、映像、Web、打上げまでのトータルプロデュースさせて頂きます。

石神智[PD]×PRODUCE

伝わる幸せ+α。

大手タレントプロダクションの制作部に在籍し、東京キー局でテレビ番組制作を経験。ネット配信黎明期には企画・演出・編集・生配信も手掛ける。番組制作のノウハウを広告制作に応用し、クオリティーとビジネスが両立した“伝わるソリューションツール制作”を心がけています。

町田和昭[PD]×PRODUCE

一期一会のサキに。

お会いさせていただく方たちと過ごす、同じジカンを大切にしたいから。お客様に寄り添い、心地よいパートナーであり続けるように。お客様と共に考え、一瞬一秒をヨロコビに変えられるように。そんなプロデューサーを目指します。

黒田祥子[PM]×PRODUCE

時間の許す限り、最高のものを求めて。

限られた時間と予算の中で、最善の策を、クオリティを日々模索しています。クライアントの気持ちを大切に!より良い形の実現を目指し、「気持ちの伝わる仕事」ができるよう日々努力しながら取り組んでいます。

相馬礼菜[PM]×PRODUCE

想像以上のものを、出会わせる作品を。

お客様の想像したカタチのないものを作るため、一番の相談相手となり、一緒に考え、イメージを形に。新しい作品と出会ってもらい、作品が世の中に出た時にロマンを感じて頂きたい。お客様とクリエイターの架け橋。橋の先に色々な陸地があるから面白い。駆け出しだからこそ自由に動き、挑戦していきたいです。

守安和日子[PM]×PRODUCE

笑顔の似合う現場を目指して。

お客様の声を大切に、満足いただけるクオリティを目指して、わたしなりの100%でご提案させていただきます!現場の空気が作品にも反映される!と考え、楽しい現場をクリエイティブして行きたいと思います。

PRODUCE × WORKS

表現にこだわり、価値のあるクリエイティブを